オフラインで使える便利なスマホアプリ

 スマートフォンを持参して海外へ行くなら便利なアプリを活用するといいです。辞書から始まり地図閲覧やレストラン情報検索、WIFIポイント検索から友人への連絡までいろいろと使えます。ここでは、オフラインでも使えるアンドロイド便利アプリを紹介したいと思います。

-----言葉系アプリ-----


50 languages

外国語の挨拶や数字の数え方など、初歩的な言葉を学べます。100あるコースの内の30を無料で学べます。言語多数。

Tourist language learn & speak

 外国語の、数字日付、時間、挨拶、初歩会話が学べます。言語多数。

eSpeak

 文章を選択して発音させることが出来ます。40言語に対応。発音が正確ではないときもあります

Offline dictionaries

 最初に必要な言語の辞書を通信によってダウンロードする。その後はオフラインで使用可。語彙は少なめだが、一つのソフトで複数の言語辞書として使用可能。マイナーな言語の場合はフォントを入れる必要がある。

最小英和辞典

 とても軽くさくさく動く。語彙は少ない。日本人向け。

英語日本語辞書無料

 単語を入力すると、それに関する熟語の予測が出る。英国人向け。

ColorDict 辞典-Dictionary

 英語、ベトナム語の辞書がありましたが、私のアンドロイドではダウンロードできませんでした。対応するのとしないのがあるようです。

aDice

PDICの辞書データを設定することによって辞書として使用可能。aDiceでの辞書データ取り込み等はこちらをご覧下さい。同じ要領で以下のファイルを設定します。

[フリーPDIC辞書データ一覧]
英和、和英、英英
アラビア語
インドネシア語
インドネシア語
スペイン語
スペイン語
タイ語
ドイツ語、ロシア語
フランス語
韓国語
イタリア語
エスペラント語
中国語

DroidWing FREE

 こちらはaDiceと似たようなものですが、読み込める辞書データの形式が違い「EPWING]辞書データが必要です。設定の仕方はこちらをご覧下さい。(言語辞書ではなくwikipediaを設定していますが、やり方は同じです)

[フリーEPWING辞書データ一覧]
英語
ドイツ語
フランス語

WikiDroyd

有名なWikipediaのアプリ版です。ライト版もあるので必要に応じてダウンロードしましょう。

-----地図アプリ-----


Google maps

アプリをダウンロード後、キャッシュを貯めるとオフラインでも見れます。16km四方の地図をダウンロードすることも可能。

RMaps

詳しくは、地図の記事をご覧下さい

-----レート換算アプリ-----


為替レート

 オフラインでももちろん使えるが、為替の変動を正確に反映したい場合はオンライン接続にするべき。商品購入の前にまずレート換算を。

-----ウェブページ保存-----


Offline Browser

オンライン状態でウェブを表示後に、ページを保存することによってオフライン状態になっても、そのページを閲覧できます。時刻表や、暇つぶし用の読み物などを保存するのに使えます。詳しくはこちら
【海外生活のいろいろなことの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。