地図

 旅に地図はつき物。大体はガイドブックの前とか後ろとかに付録として付いていると思います。最近便利なものを発見したので、紹介します。それは、[グーグルマップ]と[Rmap]。いまさらと思うかもしれませんが、スマートフォンで使えるグーグルマップには一定の範囲をダウンロードして閲覧できる機能があります。ダウンロードするということはオフラインでも使えるということです。滞在先周辺や観光先周辺の地図を前もってダウンロードしておけば、かさばる紙の地図を持ち運ばなくてもいいということになります。通信できる環境だとさらに便利。ぜひ放浪のお供に。

「グーグルマップ」

・インドアマップ
一部の空港、ショッピング モール、デパートの見取り図を表示できます。これで屋内でももう迷いません。

・プレイス
プレイス アイコンから付近のお店やスポットを見つけよう。評価をつけると自分にピッタリのおすすめが表示されるようになります。

・3D マップ
地図を 3D で表示できます。2 本指で下にドラッグして地図を傾けると 3D の建物が現れ(対応地域のみ)、2 本指をひねるように動かすと地図が回転します(対応機種のみ)。

・コンパス モード
3D コンパス モードに切り替えると、実際にその場にいるように自分の向いている方向に合わせて地図とラベルが自動的に回転します。

・オフライン機能
よく使う地域の地図がバックグラウンドでキャッシュされるので、一時的に接続が中断したときでもマップを引き続き利用できます。

・経路案内
車、自転車、徒歩の経路や乗換案内を一覧や地図(データが利用可能な地域のみ)の形式で確認できます。

・プレイスページ
お店やスポットの概要、写真、クチコミ、評価などをチェックできます。

・Latitude
友だちの現在地が一目でわかります。自分の現在地情報を友だちと共有したり、「チェックイン」機能で今いるお店やスポットを伝えることもできます。

・現在地情報
GPS 機能のない携帯端末でも地図で現在地を確認できます。

・ストリートビュー
歩いているときと同じ目線で経路内の街並みや曲がり角を確認できます。

・レイヤ
地図上に渋滞状況、航空写真、地形、検索結果などの追加情報を表示できます

オフラインで見るためには、事前ダウンロードが必要です。16km四方の範囲を選択しダウンロードすることが可能。まだ発展途上の機能で、今のところ全世界対応ということではなく、一部地域となっております。日本には使えないようです。今のところ「Rmap」が便利なような気がします。

オフライン使用

1.google map アプリのダウンロード
2.オンライン状態でメニューの「その他」
3.「オフラインで使用する」を選択
4.範囲選択をしダウンロード
5.オフライン使用

[Rmap]

もちろんオンラインで使うことも出来る。オフラインで使うには、使用前に地図データを作らなければならない。実際に作ってみましたが、案外簡単でした。

・グーグルマップより軽い
機能が少ない分、表示速度が速いです

オフライン使用


1.Rmapアプリのダウンロード
2.パソコンに移り、TrekBuddy Atlas Creatorのダウンロード
3.TrekBuddy Atlas Creatorで地図を作成、保存
4.作成データをSDに移動
5.Rmapアプリを起動し、メニューから「その他」→「setting」→「User defined maps」→「作成したデータ名」を選択
6.オフライン使用

 詳しくは、以下のサイトをご参照下さい。とても分かりやすく簡単に作れました。

TrekBuddy Atlas Creator & RMaps
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。