入出国管理(イミグレーション)

 出入国審査というのは、意外と厄介という人もいます。審査官の権限が強いので、審査官が入れないといえば入れないこともあるようです。これは国によってだいぶ違います。アメリカなどは一度引っかかったこともある人はチェックが厳しくなったり、賄賂(チップ)を要求する国もあるようです。調べたところ、フィリピン、インドネシア、ベトナム、ネパールなどで賄賂を要求された人がいました。金銭を審査官の目に付かないようにしたほうがいいです。要求されてしまった場合は、何を言っているかよくわからない振りをして、時間をかけましょう。あきらめてくれることも多いです。
 また、服装にしても注意が必要です。不審者を入国させるわけにはいかないですから、ラフすぎる格好や、怪しい格好の人はチェックが厳しくなります。
 質問の内容は「目的はなにか」、「いつ帰るんだ」、「滞在先はあるか」などです。それに付随した質問を受けることもあります。
 大抵は「観光に来ました」といえば、事足ります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/276000392
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。