留守にする住居をどうするか

 海外で住むとなると、当たり前ながら日本での住居が不必要になる。誰かと一緒に住んでいたり、実家に住んでいるのなら何も問題はないが、一人で住居を借りているとなると少しばかり面倒だと思います。本格的に、海外に移り住むのなら、契約を解除して、海外へ持って行かない荷物は、実家に移動しなければならないし、契約を続行したまま家を空けるとなると無駄にお金を払うことになる。考え物。
 そこで考えるのが、部屋を貸すということ。又貸しということになるので、契約をよく確認しましょう。禁じられていることが多いです。その場合は大家さんに交渉してみましょう。ちょっと多めに家賃を払うなどを武器として交渉すれば上手くいくかも知れません。
 入居人は知人であれば問題は少ないと思います。ルームメイトを募集出来る掲示板を活用しても見つかるかもしれません。いずれにしろ、覚書程度は書いておいたほうがいいかもしれません。

ルームメイト募集HP

ルームシェアジャパン

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/275893608
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。